当社で建築するアパートの特徴

 

@ 木造軸組工法(間取りの自由度が高い)
2×4工法(強度が高く、耐火性に優れ、火災保険料が安い)

A 硬質ウレタン(厚さ105mm)を柱の間に入れるFP工法で建築します
A´ 硬質ウレタン(厚さ40mm)を柱の外に張る外断熱工法で建築します

B 隙間に現場発泡ウレタンを注入したり、アルミテープや気密シートを貼ります

C 第3種計画換気システムを設置します。引渡し前に全棟換気風量を確認します

D 窓には樹脂枠ペアグラス『プラマードV』を使用します

※ 壁・床に繊維系断熱材を使用する建物は壁体内結露・室内結露が発生するため、建物構造体の寿命が長くありません!

※ 水分を吸収しないウレタン断熱材を使用すれば結露の心配から開放され、建物の寿命が延びます!

 

E 資金計画・間取り打合わせから現場管理まで全て社長がお客様と一緒に確認しながら工事を進めます

F オール電化なので毎月の光熱費が安くなり、入居者から喜ばれます

※ 深夜電力を使用する機器を設置すれば、月々の光熱費がかなり安くなります!

※ ガス・灯油を燃焼する機器の寿命は長くありません!

 

G 入居者はインターネットが使い放題です

※ インターネット設備アパート入居者の半分以上がインターネットを楽しんでます!

 

  ↓  ↓  ↓

 

アパートの入居率が上がります

年数が経過したときの修理費負担がお得です

従来の工法で建築したガス・灯油を設備したアパートと比較して建築金額は多少かかりますが、入居率・修繕費で差がつきます!

 

☆ point ☆
@30年間一括借上げや30年間家賃保証は契約は30年間でも、家賃は2年毎に見直す(値下げされる)
 契約ではありませんか?

A建物(躯体)20年保証→数年毎に無料検査を受けて有料補修を受ける保証ではありませんか?
 本当は欠陥発覚前に模様替えという名の有料補修ではありませんか?

B相続税対策でアパートローン生命保険に未加入→多少相続税を支払っても、負債が残らないほうが
 相続人のためだと思いませんか?

Cアパート用地だけでなく他の土地(自宅等)にも抵当権を設定されてしまってませんか?
 万が一の場合、アパートだけでなく自宅まで没収されてしまいます。